【書評:ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか】

Pocket

どうもです。惹句工房スタッフ VMPCナビゲーター 大原康弘です。

人1

 

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

  最近の流行りの自己啓発本ではよく見かけるようになったビジョンというコトバ

  これは、いったい何のために必要なのでしょうか?

  ビジョンを持つ理由がわからないでいるとどうなってしまうのでしょうか?

  この本を元に解説してみます。

  2004年日本で出版されたものですが、今も変わらない原理原則が書かれています。

1.ビジョンを持つとどうなるのか?

ビジョンがあると、何を目指せばいいかがわかります。

もしも、私たちが、道標がない世界の中にいたとして、

 右に行ったあと、どんな結果が待っていたか?

 左に行ったあと、どんな結果が待っていたか?

今の自分が答え合わせをするために存在します。

 

目的、あなた自身の価値観、未来のイメージを含めたビジョンがあると

その後、 軸ブレることなく、変化に適応しながら、

新たな目標を設定して行動することを サポートしてくれます。

〜引用〜

 心の余裕ができたら、社会にお返しすることを考えよう。

 ビジョンとは、自分さえよければいいのではない。

 私たちはみな、この世界でともに生きているのだから

〜引用〜

 

2.「ビジョン」は、どんな構造なのか?

実際にお会いしたコトのある、山形県の”お米農家さん”のケースで考えてみました。

 

ビジョンの設定例)

 ・無肥料、無農薬にこだわった日本一のお米!(価値観)

 ・自然の美味しさをいただきながら、健康で、田舎暮らしをする(未来のイメージ)

 ・家族とともに幸せに暮らしたい(目的)

 

 

ビジョンの中で、特に大切なのは、価値観です。

自分の心で納得できないビジョンには、ワクワクが続きません。

 

また、ビジョンは、少しずつ変化していきます。

なぜなら、自身の価値観、未来のイメージが変化していくからです。

お米の安全が、”無肥料で、無農薬である”コトだけではなくなるかもしれません。

価値観で、ビジョンは変化していきます。

 

そして、ビジョンを持ち、夢をかなえ続ける人は、

この3つのプロセスを、くりかえしていくコトになります。

 ・ビジョンを創造するプロセス

 ・ビジョンを伝えるプロセス

 ・ビジョンを実践するプロセス

 

最初は一人で作ったビジョン、納得するまで、話し合ってみることから始まります。

伝える努力を続けるコトで、人を巻き込み、徐々に仲間が増えていきます。

 

人は、人の夢に夢を見るコトが出来ます。一度語った夢は、もう自分のものではなく、

共感してくれた人々のものです。

そして、共有されたビジョンは、行動の結果、今、この時にも成長しています。

 

 

 

改めて、ビジョンとは?

ビジョンとは、自分は何者で、何をめざし、

何を基準にして進んでいくのかを言葉にし、

いつでも誰にでも、伝えられるようにするものです。

 

・人生にビジョンがあれば、どんなしくじりも糧になる。

・チームにビジョンがあれば、それだけで”一丸”となれる。

 

 

3.どうすれば共感を得られ、指針となるビジョンを作り出せるか?

例えば、

たくさんのお金、地位を得たいなどに、人生の目標を置くことは、

間違ってはいないと思います。

ただ、そのお金を、地位を、誰のために、何に、生かすが大切で、

つまり、ビジョンの創造は、ただ一人でせず、人に話すことです。

ビジョン創造の過程は、ビジョンそのものと同じ位に大切にしてください。

 

〜引用〜

「この会社のリーダーとしてのあなたの役割は、人々にビジョンを語らせ、

 彼らのビジョンを守ることであって、ビジョンを『私物化する』ことじゃないわ」

〜引用〜

 

 

 

私たち惹句工房も、各人がビジョンを持ち、行動していきます!

惹句工房代表 宇部和真

http://jackkoubou.com/concept/

惹句工房スタッフ 大原康弘

http://iwillvmpcnavigator.com/concept

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket

チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です