”プラダを着た悪魔” 成りたい自分に成る たった1つのマインド【初めてのフリーランス】

Pocket

どうもです。

映画「プラダを着た悪魔」から、感銘を受けたことを解説しまくります。

ここでお伝えしたい学びは、たった1つ!

・なりたい自分に成るには、夢に相応しい人物になること

 

映画『プラダを着た悪魔』とは2006年公開のアメリカ映画

ジャーナリストを目指すために、ニューヨークへやってきた田舎者のアンドレア(アン・ハサウェイ)が、

最高のファッション雑誌『ランウェイ』編集長であり厳しく横暴な上司である

ミランダ(メリル・ストリープ)の元で、様々な苦難を乗り越えて

仕事も恋愛も成長していく、”かっこいい女性の生き方”を示してくれるドラマ映画です。

【内容(iTune Storeより引用)】

恋に仕事にがんばるあなたへ贈る、

ゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー。

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。

オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!

それは一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。

しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!

ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、

その上「センス、ゼロ!!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。

キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。

カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。

この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

 

この映画で私は

主人公アン・ハサウェイの冴えないファッション、愚痴を言う姿が

どんどん変化していく様子に、目を奪われました。

 

「あんたは頑張ってない、愚痴ってるだけ」

当初、「私、この仕事やる気ありません」状態の

主人公アンドレアだったのですが

ナイジェルという女性が指摘している一言が、

とても記憶に残りました。

このシーンの後は彼女も、

服と心を入れ替えてがんばり始めるんです。

 

 

今の自分を作り上げているのは、過去の自分の判断

当初のアンドレアは、仕事の愚痴ばかりです。

ところが、アンドレアが本気になった途端、成長し、

着る服も付き合う人も変わっていきました。

その結果、当初付き合っていた男性と別れてしまいます。

彼女はこの時、これまでの環境を捨てる決断をしたと感じました。

 

私達が今できること、「能力やスキル」も、

過去の自分の”判断”が作り上げてきたもの。

ただ、何となくそうなって、今の自分がいるのではなく

能力やスキルが身についている人は、

過去に何らかの努力をしていることです。

 

この映画は、自分を変える方法を教えてくれた

アンドレアは、劇中で、編集長ミランダの

無茶な要求に応えられるようになっていきます。

ファッションセンスも変化し、

立ち振る舞い、発言まで変わっていく。

アンドレアはとことんミランダをインストールすることで

その理想像に近づくことができる姿を

魅せてくれています。

 

まとめ

なりたい自分になりたいならば、

できている状態に成るのが先ということ。

徹底的に目標とする人をコピーして、

思考も服装も話す言葉さえも同じにする。

私は変わる!という決断をすることが、

変化のスタートラインなのです(^O^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket

あなたを大手メディア掲載させます!ストアカ勉強会!開催中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です