必ず相手に届くセールスレターを書くための2つの習慣

Pocket

どうもです。惹句工房スタッフ VMPCナビゲーターの大原です。

 

皆さんのブログ、チラシ、メルマガには以下のような問題はありませんか?

 

”読み手は多いけど、申し込みにつながらない”
”わかりやすい!と言ってもらえるけれど、その先のアクションにつながらない”

 

そんなあなたに、こんなことを意識されてみてはいかがでしょう?

 

たった1人に届ける”ラブレター”を書く!

 

 

セールスレターをラブレターにする2つの習慣

 

 1.宛名(たった1人に向けて)と、宛先(ちゃんとメッセージを届ける)を意識する
 2.読み返す!3回は読み返す!

ここでは、特に、2番が大切であることを伝えたいと思います。

 

良い文章でも、自分の言いたいコトを言っているだけだったら、
広告と思われたら、そのレターは、ゴミ箱へ行ってしまいます。

 

「これ、あの人が、私のために書いたんだ!」

と、ドキッとしてもらうことが、ラブレターのゴールです。

 

セールスレターをラブレターに、変化させるには・・・

愛情込めて、想像力を働かせながら、読み返してみる。

できれば、しばらく寝かせて、また読んでみる。

可能なら、友人に読んでもらう。

・ちゃんと相手のことを思って書いただろうか?

・本当に、相手は、喜んでくれるだろうか?

 

文章は、何度も揉まれて、どんどん磨かれていきます。

ライティングのプロが、実践している、”客観力”が身につくノウハウです。

 

 

決して、文章力に奢らず、実践していくようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket

あなたを大手メディア掲載させます!ストアカ勉強会!開催中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です