失敗はただの知識 自分データベースに保存して成長しよう【失敗の哲学】

Pocket

新しい活動を進めている最中って、

事が進まないことってありませんか?

一日、一週間、一ヶ月と遅れていく。

 

 

失敗の主な原因は、”遠慮と躊躇”

一週間経っても、ちっとも作業が進んでいない

その答えは、

多くの人が、

情報収集に時間をかけているという事が

わかりました。

 

 

そもそも、プロの成功率も低い

ダイレクトマーケティング界の大御所

ダンケネディの著書によれば

「ある寄付のセールスレターを書き、当たったほうだ」

とある、その成功率はわずか0.5%

 

野球選手イチローの

平均的な打率も3割

 

Googleで”元ナンパ師”で検索するとトップに出てくる

某公務員に

成功率を聞いてみても、10人中2、3人

達人の的中率でさえ、そんなものなのに、

素人の私達は、なおさら成功率は低いわけです。

それでも100%の成功を狙おうとして

成功もしない。失敗もしない。停滞する。

 

この停滞こそ

”失敗”というのではないのでしょうか?

 

失敗への恐れは、恋愛の告白に似ています。

 

振られたらどうしよう、

拒絶されたらどうしよう。

結果が出る前に何度も何度も考える。

その結果、学生の時、恋愛、何回しましたか?

憶病になった人よりも、ちゃんと告白して振られた人の方が

大人になって成長していますよね。

 

まとめ

失敗知識。自分データベースに記録して次に活かす

 

失敗は、ただの結果であり、成長のための貴重な財産。

どんどん実践を積み重ねていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket

あなたを大手メディア掲載させます!ストアカ勉強会!開催中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です